Home » 未分類 (Page 2)

海外の看護師

海外での看護師の立場や役割、地位などは日本と異なっているのですが、ここでは、アメリカとフィリピンの看護師について説明します。日本での看護師の職務は、基本的に医師の診察の補助と患者の日常生活の援助が主とされていますが、前述のようにアメリカでは看護師にも独自の判断ができる治療などがあり、看護師もより専門職として認知され医師と同等の医療識者とされています。

また、日本と同じ看護師の上にナースプラクティショナー、通称NPと呼ばれるさらに上の資格が存在し、医師と看護師の中間色として位置づけされ、問診、検診、処方、投薬が許され、病院も開業できる資格となっています。
ところ変わって、フィリピンでは看護師の資格を取得するためには大学の看護学部を卒業することが義務付けされていて、看護教育にはアメリカの方針を採用していることもあり、レベルが高いとされています。
また日本とは国の事情が違い、離島や農村部などでは医師の代わりに住民たちの健康管理を行わなければならず、縫合、処方、投薬などの医療行為を求められます。
このようなフィリピンなどの看護師を日本でも受け入れる流れとなっていますが、フィリピンではより高い賃金を求めて海外の先進国で仕事を求める看護師が増加しており国内では看護師不足と質の低下が問題視されています。

以上のように、海外では看護師の立場や地位に日本と違いがあったり、同じように看護師不足に見舞われているなどの問題も抱えていますが、看護師が求められる存在であるということは同じであるようです。

カレンダー

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930